2021/1/18(月) オンライン講演会

GD&T(公差設計と幾何公差)の最新動向と
DRBFM(未然防止活動)との連携
アンケート内容のご紹介  

 

                             オンライン講演会【第2弾】につきましても、大変多くの皆様に
              ご参加いただきまして、誠にありがとうございました。 
              ご回答いただきましたアンケート結果の一部をご紹介させていただきます。
 

 
 
 
  

 
 

主なコメント

 
   所属グループで、FMEAに関する困りごとを抱えていたため、今回の講演会が解決のヒントになりそうと感じました。
 
   公差について学ぶ良い機会となりました。
 
   「公差設計スキル試験」という認定試験があることを初めて知りました。試験問題に取り組むことでも
   「公差設計」のスキルアップを期待できそうですね。弊社の設計者に取り組みを検討したいと思います。
 
   講演会、参加させていただきましてありがとうございました。
   有意義な時間となりました。ありがとうございました。
 
   書籍を少し読んでいたため、内容も理解しやすかった。書籍と連動する形で無料ともいうこともあり、
   参加しやすかった。
 
   海外調達が増えてくる中で、公差に関する調整のやり取りが増えてきたことを感じていたので、ISOで
   より明確に図面意図を表す方法に流れが向いていることには納得した。できるところから取り入れていきたいと思う。
 
 

     今後も、定期開催してまいります。

 

     次回開催予定  2021年5月頃を予定

 
 

 

 

 

 

【第1弾】2020年9月15日開催のアンケート内容のご紹介はこちら