<論文内容>

     テーマ:幾何公差の有効活用と普及(根幹は公差設計教育にあり)
     執筆者:栗山晃治(プラーナー代表取締役社長)
 

    1.はじめに
    2.公差設計のPDCA             こちらから
    3.公差設計の教育および実践指導

     4.公差設計ができない設計者が増えている
     5.公差設計スキル認定制度
       5.1認定制度の設立
       5.2認定制度の概要
     6.公差設計のガイドブック
     7.ガタとレバー比
     8.公差設計教育の効率化
     9.おわりに
 
 
   ※ 3回に渡って紹介をしていきます。(おおむね2か月毎)
       今回は上記1~3の項目を掲載いたします。
 
     上記記事を閲覧するためのIDとパスワードは、弊社からのメール配信登録をされている
     お客様へ、「PLANER-NEWS」のメールでお送りしております。
     閲覧をご希望の方は、TOPページ下部のお問合せフォームより、
     弊社からのメール配信希望の旨をご連絡頂きますよう、お願いします。
 
                             【日本設計工学会HP】
                              http://www.jsde.or.jp/japanese/index.html